美容外科を利用する際はそれぞれのクリニックの特徴やコンセプトを理解しよう

NLQ法と切開法の特徴

施術台

最新の二重手術は腫れない

水の森美容外科クリニックでは一重や奥二重まぶたの改善などの目元の美容整形が人気です。二重手術は「NLQ法(ナチュラル・ライン・クイック)」および「切開法」という二つのタイプの美容整形にて行うことができます。NLQ法はいわゆる埋没法という、糸を入れるだけの切らないプチ整形です。水の森美容外科のNLQ法の場合、まぶたや体に対する負担が少なく、腫れもほとんどない仕組みになっているので簡単に二重になれます。まぶたには局所麻酔をしてから手術をするため、手術による痛みは感じることはないです。およそ10分程度の手術で、一重や奥二重まぶたがぱっちりと自然な二重まぶたになります。切開法はメスで切開をする美容整形で、まぶたにかかる負担や手術にかかる時間はNLQ法よりも大きくなります。切開法の手術時間は60分程度で、手術をしたあと一週間後くらいに抜糸が必要です。くっきりとしたラインになる切開法は、アイテープ要らずのはっきりとした外国人のような二重ラインを作りたい人におすすめです。切開法は一度手術をすれば元の一重に戻る可能性はほとんどなく、一生自然な仕上がりが継続します。その辺は、糸を入れるだけのプチ整形手術であるNLQ法とは違う点です。

腫れぼったい目をコンプレックスにしている人は意外と多くいて、そのため二重手術もとても需要が高いです。二重手術はほとんどの美容外科で取り扱っているほど人気であり、広く一般的に普及しています。学生でもやっている人が多くいてその劇的な効果に満足している人が多いです。ただ二重手術のデメリットに「腫れやすい」というのがあります。手術をするとまぶたが腫れるため、ほとんどの場合1週間くらいサングラスなしでは外出できないほどになります。そうしたデメリットを懸念して二重手術をしたくても躊躇している人は少なくないです。しかし、水の森美容外科クリニックでは二重の美容整形を徹底的に研究し、「腫れにくいNLQ法」を開発しました。NLQ法とはナチュラル・ライン・クイック法の略で、水の森美容外科クリニックオリジナルの腫れない埋没法です。従来の埋没法の場合、まぶたに糸を入れるときに腫れる・痛みが出るなどのリスクがありました。しかし、水の森美容外科のNLQ法は腫れにくい麻酔を使用し、腫れないように二重のラインをデザインして糸を縫合します。その結果、手術をした直後からほとんどまぶたが腫れることがなく、手術をした形跡を残さないまま過ごせます。

Copyright© 2020 美容外科を利用する際はそれぞれのクリニックの特徴やコンセプトを理解しよう All Rights Reserved.